自然素材≠健康住宅 | 低燃費住宅

 

「自然素材=健康住宅」ではありません

健康住宅という言葉は非常に曖昧なもので、
一般的には無垢材や塗り壁などの
「自然素材」を使用し、新建材の使用を
減らした家が健康住宅と考えています。
人工化学物質を排除した
シックハウス対策の家を健康住宅、
日本では「健康住宅=自然素材住宅」という
図式が大半を占めています。

しかしシックハウス対策とは自然素材を使えばOKと
いった単純なものではなく、
ホルムアルデヒド等の室内の化学物質対策だけにとどまらず、
臭気対策、カビやダニ等のアレルゲン対策、室内二酸化炭素濃度や温度・湿度まで
考慮して初めてシックハウス対策と呼ぶことが出来ます。

化学物質対策は当たり前、温度・湿度を適切に制御してこそ
初めて健康住宅と呼べる住まいになります。