『寝室の話』 | 低燃費住宅

『寝室の話』

〜 エシカルブログ 〜

夜の冷え込みが身に沁みるようになりました。
お布団の中が心地よい季節ですね。

一日の生活を充実させるためには、
まず良い睡眠からともいいます。

今回は、良い就寝環境について。

お休みになる時には体温が低くなりますので、
お布団の中は32℃~34℃、
湿度50%±10が最適といわれています。

寝具を上手に使い分けてこの環境をキープしましょう。
もちろんヒートショックを考慮して、寝室の室温も25℃、湿度は60%を維持したいところです。
寝室の照明ですが、
熟睡できる明るさは0.3ルクスと言われていますが、
実はこれ相当暗い状態。
よくある豆球は9ルクスなのでこれも明るすぎ。

月明かりをカーテン越しに受けるぐらいの明るさと言われています。アイマスクも効果的ですね。また突発的な刺激をうけると睡眠の質がさがりますので、寝返りの時に肌に刺激があったり、ガサゴソ音のするような寝具は避けた方がベター。

寝具でしっかりケアしておきたいのがお布団のダニ対策。ダニを殺すためには高温が一番ですので、ご家庭ではスチームアイロンが効果的。そのあとに死骸とダニの餌となるフケなどをしっかりと掃除機で取り除けばOK。

また、就寝に適した環境は
ダニの繁殖にとっても理想的なので、
昼間はしっかりと風を通して乾燥させることで
繁殖を抑えることが出来ます。

人生の1/3は布団の中で過ごすと言われていますので、侮らず手間暇かけて良い睡眠をとりましょうね。

関連記事一覧