セルロースファイバーとロックウール 最高の組合せ | 低燃費住宅

セルロースファイバーとロックウール 最高の組合せ

〜家づくりに絶対失敗しないための断熱材の大切な話〜

夏は涼しく、冬は暖か、健康を守り、
無駄な お金がかからない
低燃費なお家の秘密は「断熱材」にあり!

断熱材について知りたい方、その中でもセルロースファイバー、ロックウールについて知りたい方は必見です!

健康で、エコロジー、耐久性にこだわる高性能住宅を手がける集団 低燃費住宅がお伝えします。
新しく家を建てるとき、何に一番こだわりますか?

間取り、デザイン、価格などなど…。様々な考えがあります。軽視されがちなポイントが「断熱(だんねつ)と気密(きみつ)」です。

今回は、断熱の話を詳しく書いていきます。断熱とは、外壁や屋根や窓などから、熱の侵入や流出を防ぐことを言います。夏の暑さ、冬の寒さ これら外の影響を受けにくくするのが断熱です。

断熱性能が優れた家は、外部の環境に関係無く、冷暖房の力をほとんど借りずに、家全体 快適な室温を1日中キープできます。

例えば30℃以上ある真夏日に、家に帰りたくないと思われたことありませんか? 玄関を開けた途端にムワッと蒸し暑く蒸し風呂状態。さらに2階となると行くのが嫌になるほどです。一方、真冬も家に入っても凍えるような寒さ。暖房を急いでつけても、なかなか温まらずに、寒さに震える経験をされる方 少なくないのではないでしょうか。

断熱性能が優れた家では、冷房器具の力をほとんど借りずに、玄関も廊下もトイレもロフトも2階も、家の中の全ての場所を一定の温度に保つことができるんです!
ではどのようにすれば断熱性能の高い家を建てることができるのか?
今回は断熱性能の高い家を建てるうえで、「どの断熱材にするのか?」は重要なポイントです。

断熱材の種類

断熱材と一言で言っても、セルロースファイバー、ロックウール、グラスウール、発泡系ウレタンフォーム、ビーズ法ポリスチレンフォーム (EPS)、羊毛断熱材、フェノールフォーム、硬質ウレタンフォーム、押出法ポリスチレンフォーム(XPS)、など断熱材には色んな種類があります。

それぞれの断熱材にメリット・デメリットがありますが、高性能住宅の分野だけではなく、エネルギー分野、建築分野のプロフェッショナル集団である低燃費住宅が一押しするのが『セルロースファイバー+ロックウール』の組合せです!

どんなにいい断熱材でも、メリット・デメリットがあり、使う場所によっても変わります。

私たちは
外側に最適な断熱材としてロックウール
耐火性能、透湿性能、耐衝撃性能も加味して採用

内側に最適な断熱材としてセルロースファイバー
難燃性能、調湿性能、防虫性能、吸音性能も加味して採用しています。

動画で解説:内断熱と外断熱

動画で解説:結露の原因

断熱材「セルロースファイバー」とは?

セルロースファイバーとは、天然繊維(パルプ)で出来た断熱材の一種です。1950年代にアメリカで開発されて以来、その断熱性能の高さから世界中に普及しています。(アメリカでは最も使用されている断熱材です。)
新聞紙をリサイクルして作る再生品であるため、資源の枯渇の心配もなく、製造時エネルギーがほとんど必要ありません。セルロースファイバーは、住む人と地球環境にやさしいエコロジーかつ高性能な断熱材と言われています。

セルロースファイバーは新聞紙を裁断・攪拌し、難燃剤としてホウ素を添加して作ります。主原料のパルプ繊維の持つ大小様々な隙間に、様々な太さのパルプ繊維が絡みあうことで細かい空気の層が形成されています。これらの無数の微細な空気層が非常に高い断熱性能を可能にしています。

出典:インターセル調査(アメリカ)

またセルロースファイバーをおすすめする理由は、セルロースファイバーが、高い断熱機能だけでなく以下のような数多くの付加機能を持っているからです!

  • 高い断熱効果により、夏は涼しく冬は暖かい家を実現する
  • 地球と人に優しいエコロジー素材
  • 湿気を吸ったり吐いたりするので快適な湿度をキープできる
  • 結露を防ぎカビを予防、家が腐ることを防ぐ
  • シロアリやゴキブリといった害虫予防ができる
  • 高い吸音性能で静かな家を実現できる
  • 高い難燃性能で火事に強い

セルロースファイバーを断熱材に採用すると断熱性能のほかにも、これらの嬉しい付加価値がたくさん!
しかし、日本の住宅のほとんどがセルロースファイバーを使っているかと言えば、そうではありません。実は、日本で最も利用されているのは「グラスウール系の断熱材」です。

セルロースファイバーとグラスウールの比較

グラスウールとは、ガラス繊維(細長いガラスと接着剤の混合繊維)でできた綿状の素材です。

グラスウールの特徴はとにかく軽く・安いことにあります。素材そのものの価格もさることながら、施工や輸送が簡単なためコストを抑え、とても安価に使用することができます。それゆえに、施工業者も扱い慣れているので、多くの住宅で使用され続けており、日本では最もメジャーな断熱材がグラスウールと言えます。

更に、グラスウールの断熱性能は、セルロースファイバーの断熱性能と比較してもカタログ上はほぼ同等レベルです。断熱性能が同じでコストが安いのなら、グラスウールの方が良いと思われるかもしれません。ここには落とし穴があります。なぜならば、カタログスペックは同等でも、グラスウールは施工精度によって実際の断熱性能が大きく低下する場合があるからです。
動画で解説:グラスウール

断熱材の断熱性能と施工の関係

断熱材が本来の性能を発揮するには、正しく機能していることが前提条件となります。そのためには「施工の精度」、つまりどれだけ隙間なく丁寧に断熱材を施工できているかが重要です。どんなに高性能な断熱材を使っても、隙間があればその部分には断熱がない状態です。

グラスウールは袋に入れられて使用されますが現場で形に合わせて切断しながら施工するため、施工の際に職人の技術力に比例して隙間が必ずと言ってよいほどできてしまいます。それは、粉末状のセルロースファイバーは、壁の間に隙間なく充填できるのに対して大きな差となり、カタログスペックでは同等でも、実際の暖かさ(断熱性能)が全然違う大きな理由の一つです。

また、湿気に弱いグラスウールは室内から発生する大量の湿気を吸うと、重さで下に偏ってしまうことがあります。すると、壁の中いっぱいに詰めたはずの断熱材に隙間ができてしまうため、壁の上部では断熱材が無い状態になってしまうことがあります。

動画で解説:セルロースファイバー

対して、セルロースファイバーは細かい断熱材を壁の空洞に吹込みながら詰め込むため、グラスウールと比較すると、圧倒的に隙間を作らずに施工することができます。また、セルロースファイバーはグラスウールと比較しても湿気容量が極端に大きく、水をほとんど吸いませんので、湿気によって壁の中で落ちるということもありません。断熱材を知り尽くし、高い施工力をもつ低燃費住宅ならセルロースファイバーが持つ高い断熱性能を、長期にわたって安定的に発揮することができます。

後悔しない家づくりのポイントを
少しでも多くの方に
知っていただければと、
本を出版致しました。

数量限定ですが、この本を
プレゼント致します。

やがてこの子を守る家
書籍 低燃費住宅2
共感頂けましたら幸いです。

お名前(必須)

ご住所(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(任意)

コメント欄(任意)

アンケート
一番気になる項目をお選び下さい。
家の中の空気感(カビ・花粉など)耐震性(大きな地震に対する備え)騒音(車の通る音など)修繕・メンテナンス断熱性(冬寒く・夏暑い)

同業者の方へ 目的をお選び下さい。
セミナーに参加して興味を持った加盟に興味がある性能の良い家を日本に広げたい

実際に、快適さを保ち続ける家を体感してみませんか?
試住のススメ

低燃費住宅普及の会
(株)WELLNEST HOME
愛知県長久手市作田2-1101
9:00 ~ 19:00 定休日 水曜
フリーダイヤル 0120-146-991