冷えは万病のもと|冷え性(冷え症)に悩まれている人は、まず住宅の性能を見直す必要 | 快適・健康に配慮・ローメンテナンス・耐震・耐久・長持ち・結露・カビに強い 家づくりは低燃費住宅へ

冷えは万病のもと

冷え性(冷え症)に悩まれている人は、まず住宅の性能を見直す必要

冷えは万病のもと

この言葉をご存知の方も多いと思います。

手足の指先が冷たくなる末端冷え性で、
困られている人は多いのでは無いでしょうか。

実際に何がしかの病気を抱えている人は
大抵の場合、体が「冷え」ています。
日本で古くから存在した東洋医学には
「未病」という言葉があります。
未病とは、病気になる前の状態、
なんとなく体調がすぐれず、放っておくと
病気になりそうな状態の事を指します。

冷えは万病のもとでありそのままでは深刻な病気を
引き起こしてしまう状態と考えられていました。
未病のためには、特に日々の生活の中で
体を冷やさない工夫が必要とされています。

体を冷やさない工夫は、住まう家に大きく関わります。
暖房をつけているのになんだか寒いと感じることはありませんか?
それは体感温度が関係します。

室内の体感温度は次の式で計算できます。
体感温度=(室温+壁温度)÷2
室温が23度で壁温度が9度の場合、体感温度は16度
室温が20度で壁温度が18度の場合、体感温度は19度

暖房で高めの温度設定をしても、寒さを感じるのは壁面が冷えている可能性が高いです。
壁・床・天井と全体を事前に蓄熱して上げることで、体感温度も上がりより温かく感じる家となります。

他にも寒さを感じる要因があります。それは隙間風です。
足元が寒いのは、隙間風が影響していると考えられます。

暖かい空気は上に上にと向かいます。そして隙間から外に出ていくのですが、
出て行った空気と同じ量の冷たい空気が外から入ってきます。
主に床に近いところから隙間風として入ってきているのです。

これらを無くすため家を造る際に、隙間の有無を調べる気密測定というものがあります。気密測定を行いながら大切な家づくりをしていくことで、より隙間の無い家となります。

この隙間風をごまかすために、床暖房を使っているところもありますが、
根本的に隙間を無くし、換気は計画的に換気扇から行うような家にすると、

足元が冷えるということはありません。

冷え性(冷え症)対策には、
1.家全体を蓄熱してあげること(熱が逃げにくい仕様にしておく)
2.隙間のない家づくりを行うこと(気密測定を行う)が重要です。

低燃費住宅の様な冷暖房を極力必要としない
「温熱環境に優れた住まい」は、
体から極力熱を奪わない、健康で快適に過ごすための
健康住宅なのです。冷え性(冷え症)に悩まれている人は、まず住宅の性能を見直す必要があります。

プロでも見落としてしまう
後悔しない家づくりのポイント
知らずに建ててしまわないで下さい。

詳しい資料 ご希望の方はこちら

書籍プレゼントフォーム

お名前(必須)

ご住所(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(任意)

コメント欄(任意)

関連記事
【低燃費住宅とは-健康住宅】