土間収納の落とし穴 | 低燃費住宅

土間収納の落とし穴

中四国 Office スタッフブログ

みなさん、こんにちは!
くうねる・サンダンスです。
土間収納って有れば便利ですよね!


特に玄関土間続きであれば、下足箱としての機能はもちろんのこと、アウトドアスポーツ用品やコートや帽子など洋品の収納としても使えるし、家族玄関としての導線を工夫すれば、メインの玄関はいつもすっきりきれいでお客様いつでもどうぞ!っていう感じになります。

なので、最近本当によく土間収納が有る住まいが増えてきました。下足箱の代わりに土間収納が標準です!としている住宅会社も多いのでは。

でも僕はここで言いたい!
その土間収納の床は、ちゃんと断熱施工されていますか?

玄関って寒いものという考えの方は論外ですが、土間収納はその寒い玄関の部分が、家の中で占める割合が広がったと考えるとどうでしょう。
基礎のコンクリートや床のタイルは、本当によく熱を伝えやすい素材です。しかもいったん冷たくなったり温まったりすると、なかなか温度は変わりません。ちゃんと断熱施工をしていないとどうなるかもうお分かりですよね。

もっと言うと、靴やコートがカビだらけになったりすることがあります!雨で濡れたままにしてたから?それはちゃんと拭きましょう!それもあるかもしれませんが、実は結露です!

玄関は換気が悪い上に、床タイルなどの表面温度が低いと窓と同じように結露しやすくなります。外から持ち込んだ土や泥には栄養たっぷりありますし、靴や洋服の皮脂もそうですよね。すると、カビが生えるわけです。

便利さを優先して土間収納を計画するのはもちろん良いことですが、断熱のこともしっかりと頭に入れておきましょう!

 

お気軽にご相談ください。
フリーダイヤル:0120146711

関連記事一覧