家とタイルの話その3 | 低燃費住宅

家とタイルの話その3

中四国 Office スタッフブログ

《今どきのタイルとは…》
機能性。タイルにもそのようなカテゴリーに属するものがあります。さてはデザインが悪いのか? いえいえそんなことはありません。むしろデザイン性と機能性を両立させたタイルとして商品化されたものがあります。そんなタイルをいくつかご紹介します。

LIXILショウルームなどで現物を見ることが出来るのが、【エコカラット】です。嫌なジメジメとした湿気を吸ってお部屋をサラッとした空気にしてしまう優れものです。エコサラットでもいいくらいですが、ネーミングはカラットの方が高級感が出ます。宝石の〇〇カラットと乾燥を表現するからっとの造語ではないかと想像します。ショウルームの壁面の至る所に使用されており、INAX会心の作と言っていいでしょう!見た目にも高級感があふれているので、リビング周りのアクセント壁などにもってこいです。テレビの背面にあしらうと高級感がアップすること間違いなし!(あくまでも私見です)

ガラスで仕上げたタイル状のピースを貼り付けるのも、ワンランクアップのインテリア術です。ガラスガラス感ありありも良し、アンティーク調のガラス感をチョイスするもよし。ビーチコーミングで手に入れたサンドグラスのような、柔らかな質感を持ったガラスタイルは、ノスタルジックな印象を醸し出しますよ!

ウォーリー.K

関連記事一覧