EU公認エネルギーパス発行 | 低燃費住宅

日本初!EU公認エネルギーパス発行

私どものつくる「低燃費住宅」は、
日本の戸建住宅では初めて、
EU公認エネルギーパスを取得いたしました。
その結果、床面積当たりに必要な冷暖房エネルギーは
43.7kWh/ ㎡。

日本における一般的な建築物で150kWh/ ㎡、
国内最高4 等級で120kWh/ ㎡
とされておりますので、国内最高等級と比較して
約3 倍、一般的な戸建と比較すると、
暖房エネルギーを85%、冷房エネルギーを44%も削減
することができます。

低燃費住宅の建物の省エネ技術は日本では最高レベル。
環境先進国のEU諸国でも、高性能とされるレベルの
住宅であることが証明されました。

エネルギーパス理事 今泉太爾氏 インタビュー

関連記事
【低燃費住宅とは-エコロジー】