未来を変える本プレゼント

家づくりに失敗しました。
こんなにも、
こだわったのにナゼ……

私は家を建て、失敗しました。これから家を建てられる方でも、同じ経験をしてしまう可能性があります。知っていれば、後悔しないことは家づくりにもあります。宜しければ、お聞きください。

田舎ながらも見晴らしのいい土地を親の代から持っていたため、休日、外を眺めながらゆったりすごせる家をと考えたのが始まりです。

リビングから景色が見やすい大開口のある間取りにして、内装は無垢の木をふんだんに使い、家具にもこだわりダイニングは、樹齢数百年の杉のテーブル・キッチンカウンターは山桜の一枚ものを高級家具でも使う自然素材の塗装を自分で行ったりもしました。

そして、よく温暖と言われる場所ですが、真冬には氷点下になることもあるので、断熱材もしっかり入れようと話し、工事中は大工さんと一緒に真夏の灼熱の暑さの中、ミリ単位の隙間もないよう汗だくになりながら断熱材を、こんなにもきっちりしないといけないものかと根をあげそうになりながらも、しっかり入れたりもしました。

秋に完成し、豆から挽いた淹れたての珈琲を飲みながら、リビングから紅葉を眺めて至福の時を過ごしていました。春には山桜も観れる。夏には、藤の花もある。近くの竹やぶにはホトトギスもいる。最高の田舎暮らしを手に入れたと思った次第です。

そんな中、悲劇は冬にやってきました。

あんなに真夏の灼熱の暑さの中、隙間なく断熱材をしっかり入れたのに、家の中は暖房をつけ続けないと寒くいていられないほどでした。寝るとき暖房つけておくと、体調が悪くなる体質のため消して寝ていましたが、1月の朝、あまりの寒さで頭がガンガンして目が冷め、布団に包まったまま、温度計を見ると室内3度…… 外気温マイナス2度でしたが、外で寝ているようなものでした。

家って人を守ってくれる、空間ではなかったのか……

これが、私の失敗した話です。

そんな中、書店で並んでいた本が、ふと気になり手にとって少し読み進めていると、なぜ私が家づくりで後悔してしまったのか。その答えが書いてありました。

ひとつは、隙間風の対策、もうひとつは、窓ガラスから逃げる熱に関する内容です。

あぁそうだったのか。
そうだよな……

考えてみれば、当然のことかもしれない答えでしたが、当時は、全く気づかなかったことでした。一緒に断熱材を入れたプロの大工さんも気づいてはいなかったのです。

この本を先に知っていれば、私の未来は変わっていました。

家づくりをこれから始めようかなぁと、何かの縁で偶然にも、ここにたどり着かれた方には、同じ後悔をしないで欲しいのです。こだわりのあるプロの設計士・大工さんでも、見落としてしまっていることがあります。

こだわりの間取り、デザインに、エネルギーに関する知識を入れておかなければ、私のように後悔してしまうことになりかねません。

私が手に取った本の著者である低燃費住宅の創設者 早田 宏徳は、環境先進国ドイツに渡り気付かされ、全国の工務店さんと日本の家はもっともっとよくなれると、日々全国を回っています。

早田からの動画メッセージを、ご覧下さい。

未来を変える本プレゼント

プレゼントさせて頂く、この本には、手にとった方の未来を変える力があると私は信じています。他の工務店・ハウスメーカーさんで建てることになるとしても役に立つ本です。

私たちは突然の訪問や
しつこい電話は一切致しません。

本を読んで興味を持たれたら、
モデルハウスやお近くの見学会へ是非お越し頂けましたら幸いです。

低燃費住宅のモデルハウス・体感施設は

青森県 弘前市 宮城県 仙台市
茨城県 つくば市 千葉県 浦安市
埼玉県 日高市・鴻巣市
愛知県 長久手市・安城市
大阪府 和泉市 三重県 津市(体感ルーム)
香川県 高松市・丸亀市(集合住宅)
岡山県 岡山市北区(今年末完成予定)
福岡県 太宰府市

見学だけではなく、
試し住まう宿泊体験も行なっています。

今 プレゼントフォームからのお申込で、
家づくりの秘訣が解る本を
無料でお送り致します。


ページ上部へ戻る Top