資産になる長持ちする家 | 低燃費住宅

資産になる長持ちする家

 

日本が迎える今後の成熟社会においては、
「つくっては壊す」消費型住宅をいつまでも
続けていてはいけません。
欧米の先進諸国がそうであるように、
長持ちする住宅をつくり、きちんと手入れし、
それを社会全体の資産として
形成していく必要があります。
また、 せっかくつくった住宅がこれまでのように
30年足らずでゴミになってしまうのは、
経済的にも・環境的にも負荷が高すぎます。

一方、ヨーロッパでは、築年数が高いほど「人々から長く愛されている証」として
価値が高くなるのが常識。
まさに、「日本の常識は世界の非常識」
どうせ建てるのであれば、日本の常識にとらわれず、
50年後、100年後も家族が健やかに過ごせる「世界基準の家づくり」をしませんか。

私たち低燃費住宅は、アンティークとなるヨーロッパの住宅のように、
時を経るごとに趣を増し、お子様はもちろん孫の代まで住み続けられる
そんな本物の家づくりを追求しております。

関連記事
【低燃費住宅とは-長寿命な家】