「家のどこにいても家族を感じられる家①」

見出し

 

Report1「家のどこにいても家族を感じられる家 Ⅰ」

 

1月中旬にオーナー様訪問インタビューをしてきました。
今回は、昨年12月にお引渡しさせていただいたI様邸です!
『家のどこにいても家族を感じられる家』がコンセプトの
カフェのような落ち着いた雰囲気のお宅です。

それでは早速、おじゃましま~す!!

 

gaikan
玄関を入ると、素敵なディスプレイが!
奥様が「となりのトトロ」が大好きとのこと。

nitti

komono

 

木の良い香りと2Fからほんのり聞こえてくるカフェのようなBGMが
とても良い感じです。素敵なリラックス空間です。

 

暖かい笑顔でお出迎えしてくださったI様ご家族。
本日はよろしくお願いします(@^-^@)

 

family

-低燃費住宅を建てようと思った理由-
「モデルハウスがとにかく快適だったんです!」

 

通っている整体教室の先生が、石川組さんのオーナーだったんです。
そのご縁もあり、低燃費住宅を知りました。
最初は「デザイン重視の住宅がいいな」と思っていたんですが
担当営業さんに低燃費住宅の良いところを聞くうちに、
家ってデザインより性能なんだ!」と思うようになりました。

9月の残暑のころ、伏石のモデルハウスに宿泊体験してみて
実際に快適さを体感したことが大きかったです。
低燃費住宅を知っていからは、他の住宅メーカーは見に行っていないんです。
エアコンをほとんどかけない状態で快適に過ごせたので
他の住宅メーカーを見なくてもいい。ここに決めよう!」と思いましたね。

すぐにお家を建てるということに疑問はあったのですが
FP(資金計画)をしてみてアパート暮らしの現状では
どんどん損していっていることが分かりました。
こうして私たちのお家作りがスタートしていきました。

-Coment-
お家の燃費・性能はとても大切ですよね。
宿泊体験で体感した快適さが、大きな決め手になったようですね。

 

-2ヶ月経っての住み心地-
「いつもの冬と違う過ごし方」

 

家に帰ってきた時も寒くない」ところがいいですね。
日中は全くエアコンをつけていません。
さすがに天気が悪くて日が入らない時は、夜になったら少し肌寒いので
エアコンを深夜電力で安く回して少しだけ暖めています。
家の中にいたら外が寒いことに気づかないから
外に出た時に「寒っ!」って上着を取りに帰ることもありました(笑)
寝るときは、毛布・掛布団を使っていますが
気が付いたら毛布一枚になっていることもしばしばありますね(笑)
アパートの頃は寒さや風の音で目が覚めてたんですが
今は寒さで目が覚めることはないです。
暖房器具はエアコン1台のみで十分です。
コタツも持っていたんですが必要ないので実家に置いています。
一月末にホットカーペット、コタツが必要ないことに驚きです。

 

-驚きと喜びの生活-
「臭わない!?」

 

室内干しをよくするんですが、乾燥機にかけたようにパリッとよく乾きます
最初、これに一番感動しました!
仕事から帰ってくるのが遅く、それから洗濯を回すと絶対室内干しになるので
室内物干しを寝室につけてもらいました。
冬は加湿も兼ねていて、朝干したら寝るときにはもう乾いています。
曇りの日とかは下手に外に干すよりは、室内干しの方がよく乾きますね。
生乾きの臭いもしないです。
あと、ウサギを飼っているんですが、アパートで暮らしていた時には
臭いがとても気になっていました。
でも、低燃費住宅に住み始めてから、臭いが全然気にならなくなりました
友人が遊びに来た時も、ウサギを飼っていることに気づかなかったくらいです。
料理の時にも、カレーとかの香りの強いものを作っても、香りが全然残りません。

usagi

 

-Coment-
住まわれてまだ2か月しか経過していませんが
すぐに良さを体感することができるのが低燃費住宅の良いところでもありますね!

うさぎの「おはなちゃん」とってもカワイイ~!
臭いが気にならないのはうれしいですね。低燃費住宅ならではです。
次回
「低燃費住宅に住み始めて健康面での大きな変化」
「低燃費住宅で建てて良かったこと」
引き続きI様邸取材をアップ予定です。
お楽しみに〜!

関連記事

ページ上部へ戻る Top