換気できてますか?

みなさん、こんにちは!
くう・ねる・サンダンスです。

2階は換気が難しいって知ってますか?

今日は、僕の現場経験のお話です。
断熱性能の良い住宅にもかかわらず、2階の部屋が良く結露を起こして、
カビの被害で困っている方の対応をしたことが有ります。

以前勤めていたその住宅会社では、新築住宅で義務付けられている
24時間換気を第3種換気という方法で行っていました。
トイレなどの換気扇を24時間運転して、家の中の空気を捨てます。
新鮮な空気は、各所に付けた給気口から自然に取り入れます。
つまり給気は自然で、排気は機械(換気扇)でというものです。
コストの面から一番普及している換気方法でもあります。

結露の原因は、この換気方法による換気量の不足でした!
家全体の換気量は計算上OKなんですが、検査の結果2階の
換気量が不足していて、室内の水蒸気が十分排出されていませんでした。
水蒸気は暖房をしていない2階で冷やされて結露を起こしてしまいました。

何故か?

1階LDKの暖房や炊事などで暖かく湿った空気は軽くなって、
リビング階段などから2階に上がっていきます。
そうすると2階が空気が押し込められた状態(正圧)になります。
そうなると、本来なら外気が入ってくるべき自然給気口からの
給気が十分に行われなくなり、換気機能が停止してしまったのです!
ぱんぱんに膨らんだ風船は、力を入れて吹き込まないと、
空気はなかなか入りませんよね。

この経験から、排気だけでなく給気も機械でしっかり行うことの
大切さを知りました。
長くなりました。次回も換気についてのお話をしたいと思います!

くう・ねる・サンダンス

*ご相談のります!お気軽にご連絡ください。
フリーダイヤル:0120-146-711

関連記事

ページ上部へ戻る Top