家の魔除けに柊南天はいかが?

みなさん、こんにちは! くう・ねる・サンダンスです。

実家の門の植え込みに、柊(ひいらぎ)が植わっていて、 この間からかわいらしい黄色い花を付けています。へえ~、柊って黄色い花を付けるんだと思って調べてみたら なんと、純粋な柊ではなくて柊南天(ひいらぎなんてん)とていう名前の柊もどきでした! 家を造るときに造園屋さんから、家の魔除けに柊を門に植えましょう! って言われて、柊ってあのとげとげの葉っぱのクリスマスの飾りつけのやつ、 としか知らなかったんですが、魔除けになるんだったらということでお願いして植えました。 でも柊南天ってどういうこと?もどきでも魔除けになるの? そういえば災難続きだし...。 え~っていう感じで落ち込みましたが、よくよく調べてみたら全然大丈夫! 柊南天のとげとげ葉っぱは魔除けの役目、 「南天」は「難転」とも書いて、難を転じて福となす! ということで、ひょっとしたら純粋な柊より縁起物かもと一安心です。 柊や柊南天は常緑樹なので冬でも葉っぱを落とすことがないので、 生垣などで使うと、とげとげ葉っぱが防犯の役目にもなって 昔からよく使われているようです。 手入れがたいへんなこともあって、 最近は生垣で敷地を囲う外構はめっきり見なくなりましたが、 生垣などの緑化は、地球環境や周辺環境への配慮の点で 国交省主導のCASBEE(建築物の環境性能評価システム)などでも 高い評価ポイントとなります。 住まいづくりをご計画のみなさんも 柊南天の生垣は無理でも、環境配慮、防犯、魔除けのために 積極的に敷地の緑化をしてみてはいかがでしょうか。 ——————– *ご相談のります!お気軽にご連絡ください。 フリーダイヤル:0120146711


関連記事

ページ上部へ戻る Top