ZEH普及目標・実績 | 快適・健康に配慮・ローメンテナンス・耐震・耐久・長持ち・結露・カビに強い 家づくりは低燃費住宅へ

ZEH普及目標・実績

NEWS

低燃費住宅普及の会では、『ZEH(ゼッチ)』の2020年度までの各年度の普及目標を設定しましたので公表致します。

2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、『住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(「ZEH(ゼッチ):Net Zero Energy Houseの略」)の実現を目指す』とする政策目標が制定されました。

なお、ZEHに求められる高断熱の性能の基準は、東京・名古屋・大阪地域では、UA値0.6以下です。低燃費住宅普及の会の断熱性能(UA値0.28)は、ZEH基準をはるかに上回る性能を誇っています。

経済産業省・資源エネルギー庁は、この目標に向けたZEHロードマップの検討を行い、そのとりまとめを2015年12月に公表しました。
また合わせて、『平成28年度 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業補助金(ネット・ゼロエネルギー・ハウス支援事業)』の交付要件である ※ 『ZEHビルダー』登録申請を行い、ZEHの普及に取り組んでまいります。

※ 「ZEHビルダー制度」とは
ZEHビルダー制度とは、経済産業省によって実施されている制度です。2016年に「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業」が開始されたことをきっかけに実施され始めました。

ZEHビルダー制度の必要性について
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業では、ZEHの住宅を新築、または改修した場合に補助金が支給されますが、補助金支給対象となるのは「ZEHビルダー」として登録されたビルダーを利用した場合のみです。登録されるにはZEHビルダーは定期的に公募されていて、ビルダーがそれに申請し、申請内容が確認されればZEHビルダーとして登録されるという流れになります。

ZEHビルダーの登録申請は「、「一般社団法人 環境共創イニシアチブ(Sustainable open Innovation Initiative)」通称「SII」で行われているます。
SIIは、平成23年2月に設立された法人で、環境やエネルギーの問題によって起きる課題を、解決させるための事業を行っています。

2020年度に向けた、年間のZEH普及目標・実績 

 A登録(北海道) 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
目標 ZEH割合  0%   40% 50% 70% 90%以上
実績  0% 100%

2017年度 BELS表示割合:0%

 B登録(北海道以外) 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
目標 ZEH割合 30% 40% 50% 70% 90%以上
実績 43% 58%

2017年度 BELS表示割合:49%

地域による区分
大きくA登録・B登録の2つに分けられ、
A登録は北海道、B登録は北海道以外の都府県となります。

ZEH比率に関して
各年度において低燃費住宅普及の会に加盟している工務店でお引き渡しさせて頂いた実績棟数の内、
ZEHを達成している棟数の割合を記載しております。

BELSに関して
2016年4月1日から、建築物省エネ法に基づく省エネ性能表示制度がスタートしました。この制度で使われる第三者認証ラベルが「BELS(ベルス)」です。
「Building-Housing Energy-efficiency Labeling System」の略称で、「ベルス」と読みます。
国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)」に基づく第三者認証制度の一つで、住宅性能評価・表示協会が制度運営しています。一次エネルギー消費量をもとにBELS実施機関が省エネルギー性能を客観的に評価し、5段階の星マークで表示。

BELS表示割合に関して
各年度において低燃費住宅普及の会に加盟している工務店でお引き渡しさせて頂いた実績棟数の内、
BELS表示をおこなった棟数の割合を記載しております。

関連記事一覧